2014年07月01日

工事現場の着手前にやるべきこと

こんにちは。
工事現場を落札して最初にやることは設計書と図面あと現地の照査です。

これ!一番大事で設計照査をしたら役所に報告しなければいけません。

まずはしっかり現状にあった設計書になっているのかをチェックして異差があれば速やかに報告しましょう!

これが出来る現場代理人ですと監督官からも、ん!こいつはできるやつだなって思われます。(笑)

なんでもはじめが肝心ですよね!?

あとは対人間同士なのでコミニュケーションをうまくとっておくと後後の現場の進捗にも影響してきます。

挨拶は肝心ですよね。私は渋い声でよく聞こえないなんて言われていますので、ハキハキ喋る癖をつけておくと良いでしょう。

工事現場っていってもいろいろな業種があります。住宅や病院を立てるのは建築、道路や田んぼ川の整備をするのは土木屋さんの仕事です。


建設業は今は超高齢化になっています。作業員の年齢は60台、50台〜20台の順で少なくなっています。
定年を迎えて再雇用されているひとも多いのであと10年もするといよいよ外国人労働者頼みになっているかもしれません。
posted by ニッチ at 12:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。