2014年07月03日

機械管理から施工管理までの方法

今日は指定機械から書いてみます。

指定機械
排ガス対策型の建設機械を使用するのが前提で対象になる機会がバックホウ、トラクターショベル、ブルドーザや発電機ローラー機械ホイールクレーンなどがあります。これもエンジン出力により規定されていて7.5kw〜260kwを積んだ建設機械に限るとものの本には書いてあります。
持ち込み機械届けと見比べてみてください。

主要資材
積算した時に材料の方で集計されたものを渡されると思います。積算システムもいろいろな会社のものがあるかと思いますがうちはアトラスと・・・あっ忘れました。
余談ですが建設副産物に新材重量も書き入れなくてはいけないので一覧を作ったら購入材料会社にFAXをいれて単位重量を送ってもらうと再生資源の利用促進を書くときに楽できます。

施工方法
何年のどこの仕様書に基づいて工事を行うのか準備にかんする手順測量に関する記述などを書き入れ測量を行い結果を発注者に提出します。受注した工事を行うにあたり最初のページにチャート図があるとわかりやすいと思います。施工方法は文字ばかりではなく図面を交えて書かれていると発注者受けが良いです。ページ数も稼げるし(´∀`*)


今日はこのへんで勘弁してください。
posted by ニッチ at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。