2014年07月06日

安全対策の気をつけるポイント

安全対策

昔から安全第一ってどこの現場でも言われているくらい安全管理が重要です。一度事故を起こすと市民からの目や発注者から次の仕事をもらえなかったりといい事が一つもありません。

そこで機械工具は持ち込み時や使用前の点検を行い、チェック表に残しておきます。
現在は機械の精度は上がっているので事故の原因としては人間の甘えが起こす事故が多いように感じます。
決められた安全通路を通らず、建設機械と接触した。
使用前点検を行わず、吊り具が破損して下敷きになった。

これらはすべて人間の甘えからくる事故だと思います。

近年では作業者の高齢化による事故も増えていくだろうと思われます。交通事故も詳しい数字はわかりませんが高齢者が被害者、加害者になる事故が多いと思いませんか?視力低下、体力低下、持病持ちで若い時みたいにうごきが良くない。朝礼時に各作業員とコミニュケーションを行い、気軽に話せる環境づくりも立派な私たちのしごとであるように感じます。

あと、建設現場は気象条件にも左右されます。
大雨が降ったとき、地震が起きたとき、強風が吹いているとき、大雪が降り積もったとき、は作業中止基準がありますので、現場代理人の指示に従ってください。あと今に時期に怖いのが熱中症です。
こまめな水分塩分の補給をしないと倒れてしまう怖い症状です。まして1人作業をしていたら・・・・・・結果はわかると思います。作業員の健康を気遣い無事に夏を乗り越えましょう。
posted by ニッチ at 11:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。