2014年07月12日

道路使用許可申請の書き方

公共工事をしていると避けて通れないのが市道や県道の掘削工事です。
道路を掘り起こすには警察に道路使用許可申請書を提出しなければいけません。

表の書式は 別記様式第六(第十条関係)となっており
申請者には会社住所、代表者氏名、電話番号などを記載します。社印も必要です。
道路工事の目的は 私は設計書に記載されている○○工事の為 とだけ書きます。
工事場所及び区間は 工事箇所住所(県道、市道路線名)も記載します。
期間は8:30〜17:00が妥当でしょう。ただし通行止めの場合は終日と記載
方法または形態については 例 日中は片交 夜間は開放などどします。
添付書類は施工位置平面図、保安形態平面図、保安形態詳細図、工程表などを添付します。
あとは現場責任者の住所氏名などで住所は会社の住所 氏名は自分 電話は昼は会社、夜間は携帯番号などを書いています。

私の地域では1ヶ月以内工事なら工程表は要りません。収入証紙も2000円でOKです。しかし、1ヶ月を超える場合は一回の提出で3ヶ月まで有効で延長がある場合は更新手続きを行います。この場合は2300円の証紙が必要です。

必要部数としては自分の会社、警察、道路管理者、発注者など数を数えておのおのの経由印が必要になります。経由順は、発注者、道路管理者、警察の順番です。

私の地域は提出後3営業日くらいで許可がおりますが、工事規制の1週間前には提出したほうがよいでしょう。



posted by ニッチ at 21:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。