2014年07月31日

U字溝の布設方法

排水路でU字型の側溝があります。水を下流に流す目的の為に設置するものでいままで土水路だったときは毎春や夏前に江浚いと呼ばれる溜まった泥を路肩にあげて水の流れを良くする事を地域でしていたと思います。U字溝を入れることにより流速が早まり泥も一緒に流れていき、曲がり部に設置するますの中に溜まります。ここを掃除すれば良いのでメンテナンスが楽になります。

排水フリュームは、計画縦断図を見ながら、丁張り(ちょうはり)と呼ばれる杭と板を用いたU字溝を設置する定規のようなものを現地に出します。U字溝の天端または+○○cmで高さを出して板に法線(ほうせん)と呼ばれる釘を出します。U字溝を布設するときは、丁張りの板の上に釘を出して水糸と呼ばれる糸を張りその糸を目標に二次製品水路を並べていきます。

二次製品水路にも排水目的の排水フリュームや用水目的の側溝の二種類があり、排水目的のU字溝には横に穴があいていて吸出し防止剤と呼ばれる繊維(水は抜けるけど土は通らない)をはり製品のつなぎ目部分にもその繊維を外側から当てて土が流れ出さないようにします。
一方用水用の二時製品は水が漏れないようにするためにつなぎ目部分に目地ができるように溝が切られています。用水用のU字溝を並べたらモルタルを練りその目地溝部分を埋めていきます。それで水が漏れないようになります。

同じU字溝でも使用用途によって製品形状が違いますので発注時に間違わないようにしなくてはいけません。
posted by ニッチ at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

目上の方とうまく仕事を行う方法

私の場合は18歳でこの世界に入ったのですがやはり初年度はなかなかコミニュケーションがうまくとれず職人さんたちと打ち解けられませんでした。

そこで私が実際実践して打ち解けられた方法を書いてみます。


趣味特技の話で話題を膨らませる。
以前の記事にも書きましたが高校時代のクラブ活動の話や今ハマっている趣味のことについて語ります。
人間おしゃべりな人や無口の人さまざまいますが、大体同じくらいの割合じゃないかな?って思います。
無口な人に話しかけてもなかなか会話が続かないのでグループ内の比較的社交的な人を選んで会話をしてみましょう。私もどちらかというと無口な方??なので最初は大きな話題から会話をしていきだんだんマニアックな方向に展開していく。そのうち何かの話題に食いついてくる人がいるのでそこから又話をつなげていくイメージでしょうか?

一服時のジュースをおごる
これは意外と効果テキメンでした。人間おごってもらうことに弱いので(笑)一気に距離が縮まりますよ。
何も毎日おごるわけではないので週に1〜2回をめどに実践してみてください。

家族の話をする。
18で社会人になったひとならお父さん、お母さん、弟妹おばあちゃんおじいちゃんなどの年の話題や仕事の話住んでいる地域の話なんかが妥当ではないでしょうか?あまり根掘り葉堀り聞かれるのもいやなので触れられたくない話題は遠まわしに話すのが良いでしょう。

皆様いかがでしたでしょうか?ちょっとは為になればうれしいです。
posted by ニッチ at 16:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月13日

安全管理重機編

建設業は重機と作業員の共同作業が大変多いです。
重機は建設現場にはなくてはならないものですが、死角が多く良く作業員との接触事故が絶えません。
そこでいかにしたら重機と作業員の怪我を無くせるのか私の経験上から書かせてもらいます。

重機オペレーターからの視線
作業員がバックホウなどの前で作業している分には死角はないのですが、危険な箇所はバックホウの右側と後方です。重機の運転席に載ってみるとよくわかるのですが、前方や出入り口がある左側は比較的よく見えます。
しかし、ユンボのブームがある右側と後方はほとんど見えません。そこでサイドミラーや最近ではバックモニター付きのユンボも出回ってきました。このような最新式の重機に移行しつつも一番良いのは重機の死角には立ち入れないようにカラーコーンで被ったり、監視員をつけて重機オペから見える位置で合図を出すなどして安全を確保しなければいけません。

そこで役に立ちのが作業計画書です。来るメンバーが決まり次第、重機オペの氏名、必要な資格を書き入れていくことで無資格作業になるリスクを抑える事ができます。そこに合図者の記載も忘れずに行ってください。

しかし悲しいかな人間は慣れていく生き物です。毎日同じ工事の繰り返しだとだんだん緊張感が無くなっていき横着しようと考えます。そのためには職長に任せっきりではなく、私たち現場代理人が定期的に現場を巡回して危険の目を摘むことを忘れないようにしなければいけません。

一度事故が起これば命がなくなってしまう危険がありますので日頃から厳しい姿勢で作業員に接しなければいけません。憎まれたってみんなが無事に家に帰ってくれた方がいいじゃないですか?私は最近強く思うようになってきました。
posted by ニッチ at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。