2014年07月12日

道路使用許可申請の書き方

公共工事をしていると避けて通れないのが市道や県道の掘削工事です。
道路を掘り起こすには警察に道路使用許可申請書を提出しなければいけません。

表の書式は 別記様式第六(第十条関係)となっており
申請者には会社住所、代表者氏名、電話番号などを記載します。社印も必要です。
道路工事の目的は 私は設計書に記載されている○○工事の為 とだけ書きます。
工事場所及び区間は 工事箇所住所(県道、市道路線名)も記載します。
期間は8:30〜17:00が妥当でしょう。ただし通行止めの場合は終日と記載
方法または形態については 例 日中は片交 夜間は開放などどします。
添付書類は施工位置平面図、保安形態平面図、保安形態詳細図、工程表などを添付します。
あとは現場責任者の住所氏名などで住所は会社の住所 氏名は自分 電話は昼は会社、夜間は携帯番号などを書いています。

私の地域では1ヶ月以内工事なら工程表は要りません。収入証紙も2000円でOKです。しかし、1ヶ月を超える場合は一回の提出で3ヶ月まで有効で延長がある場合は更新手続きを行います。この場合は2300円の証紙が必要です。

必要部数としては自分の会社、警察、道路管理者、発注者など数を数えておのおのの経由印が必要になります。経由順は、発注者、道路管理者、警察の順番です。

私の地域は提出後3営業日くらいで許可がおりますが、工事規制の1週間前には提出したほうがよいでしょう。



posted by ニッチ at 21:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月11日

仕事は後戻りなくする方法

仕事していて一番もったいないやっちゃいけないのが手戻り仕事です。私たちの仕事は自然相手なので気象状況てきな手戻りはなかなかどうしようもないものがありますが、一番悪いのは自分の思い込みでしちゃった時です。

この問題を解決するには良くコミニュケーションを取りながら工事を進めていくしか方法はありません。
最近はインターネットが普及して電子でのやり取りが多くなってきていますが、百聞は一見にしかず、よくわからないときは監督員と現場で立会をするのが一番良い方法です。監督員は大体複数の現場を持っていますので我々よりも細部に関してはわからず、最近は年下の監督員もいますので経験不足の場合も多いです。自分の知識は存分に教えて発注者から相談を受けるような立場になれれば現場管理もうまくいくはずです。

公共工事において工事内容によっては関係者が複数いる場合が多いので、連絡調整をしてもらい、個別の意見というよりも全体的な意見交換で工事を進めなくてはいけません。一部の人だけの利益があるような場合は工事完了後に不満が出ることがありますので、大変でしょうが工事期間内に一緒に解決していく努力がひつようになります。

今は工事期間だからなんとかなっても来年は私たちがもうこの現場にはいませんので、地域の方々が管理しやすいような構造物を作っておく事が現場代理人のその現場に関する付加価値を付けることに繋がり、のちのち使命が入るかもしれませんよ(笑)
posted by ニッチ at 20:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

現場監督になって良かった点、悪かった点

この業界で20年くらいいます。

現場監督になって良かった点とそうでもなかった点について書こうと思います。


私がこの業界に入ったきっかけは選んだ高校がたまたまクラブが強くどうしてもその学校に入りたい・・・でも俺の頭じゃ入れない。という変なところから繋がっています。


その高校は普通科>工業科があり工業科が入りやすかったのです。(^O^)
そして無事に高校に合格。そこから私の青春時代はすべてクラブ活動に当てられました。


そして就職を考えたとき家の近所の会社に取り敢えず入ろう!くらいにしか考えていませんでした。
現場監督なんてことも全く考えていないお茶目な高校生でした。


でも昔CMで流れていましたが『地図に残る仕事』が意外と好きだったのでしょう?
で、なければ20年も続かなかったと思います。



デメリットですが
夜の残業が多い。多い時は月150時間くらいしたときもありましたね〜でも若かったのでなんとかなりましたが今は無理じゃないかな?ほとんど風呂と寝に帰るような生活でした。

あと、外にいることが多いのでシミができますね〜〜〜。若い頃は考えたこともありませんが、肩なんかシミだらけですもの。あと目もやられます。そとで紫外線、内業でパソコンのブルーライト・・・。今なんかPCメガネかけながらキーボードを叩いています。

天気に左右される仕事なので晴れたら休みの日でも仕事なんてザラにあります。理解ある家族に感謝です。


まぁ結局好きの方が上回っているので今もこの仕事しているのでしょう?
posted by ニッチ at 22:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。